日商簿記1級の合格までにかかった費用を公開します

わたしは家計簿など1円単位まできっちり付けるタイプです。
そのおかげで簿記1級も税理士試験(簿記論)も合格したのだろうと自負しています。

日商簿記1級合格にかかった費用を書いたファイルが見つかったので
ここで公開させていただきます。

※消費税5%の時代なので、現在とは金額が異なります。

教材の費用

  • DAI-X「日商簿記1級 最短合格テキスト(4冊)」¥7,560
  • TAC「スッキリわかる日商簿記1級(9冊)」¥17,010
  • TAC「仕訳マスター」¥1,470
  • TAC「会計学理論マスター」¥1,260
  • TAC「過去問題集(105回~123回)」¥2,100
  • TAC「直前予想問題(125回)」¥2,100
  • ネットスクール「ラストスパート模試(126回)」¥2,100

合計 33,600円

日商簿記1級 最短合格テキスト

最初に買いました。
はっきり言って全然使いませんでした。
要点だけまとめられているので、
一通り勉強した人でないと使えないと思いました。

現在は新装版が出ています。
テキスト+問題集で8分冊になっています。
当時よりは良くなっているのではないかと思います。

スッキリわかる日商簿記1級

スッキリわかるシリーズは以前も書きましたが本当におすすめです。
この本があったから日商簿記1級を諦めずに済んだと思っています。

当時は9分冊でしたが、いまは8分冊になっています。
ほかの教材は値上がりしていますが、
スッキリわかる日商簿記は8冊になった分お得になっていますね。

仕訳マスター・会計学理論マスター

現在は新シリーズになっています。
あまり使った記憶がないのですが、
持ち運びやすいので詰めのチェックに便利だと思います。


過去問題集

過去問題集は必須です。
わたしはTACにしましたが、ネットスクールや大原からも出ています。

公式サイトからは解答用紙をダウンロードできます。
裏紙に印刷してガンガン使っていました。

直前問題集

当たるかどうかは別にして、見たことがない問題を解くというのが重要です。
TACでもネットスクールでもどちらでもOKです。
ネットスクールのほうは読み物も付いていて、参考になりました。

受験料

1回落ちたので、2回受けています。

受験料(125回) ¥7,550
返信用切手 ¥50
受験料(126回) ¥7,550
返信用切手 ¥50 

合計 15,200円

平成27年現在、受験料は7,710円になっています。
切手代も52円に値上がりしました。

会場は自転車で行ける場所だったので
交通費がかからなかったのはラッキーでした。

使った費用の合計

教材+受験料で48,800円という結果でした。
通信講座よりだいぶ安いのではないでしょうか。

その後、教材はAmazonやフリマサイトで売りました。
手数料、送料を引いた手取りは8,280円。
これを48,800円から引くと実質40,520円です。

一発で合格していればもっと安く済みましたがしかたありません。
いかに安く合格するか考えるのも独学の楽しみではないでしょうか。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

シカクメモ管理人☆シカクメモトップページへ☆
資格取得が好きな主婦です。日商簿記1級、税理士試験簿記論、漢字検定準1級、FP2級、英語検定2級、宅建などに合格しています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!