インテックス大阪という過酷すぎる税理士試験会場

世の中にはもっと過酷な試験会場があるかもしれませんが、
わたしが受けた試験の中で大変だった会場ランキングを付けたら
ぶっちぎりで第一位の栄冠に輝くのがインテックス大阪です。

インテックス大阪で税理士試験(簿記論)を受けたときのことを振り返ってみます。

とにかく遠いインテックス大阪

通常試験会場となる大学等も辺鄙な場所にあることが多いです。
しかし、バスを増便するなどして便宜を図ってくれるものです。
インテックス大阪はそういった配慮が全くありませんでした。

最寄駅から遠い

インテックス大阪は地下鉄コスモスクエア駅、
あるいは南港ポートタウン線中ふ頭駅が最寄り駅になります。

公式サイトには「コスモスクエア駅から徒歩9分」と書かれていますが
実際にはもっと時間がかかったような気がします。
下手したら20分ぐらいかかったと思います。

行きはインテックス大阪に向かう受験生の波についていきました。
しかしそれは最短経路ではなかったようです。
帰りは反省を活かして自分の信じた道を進んだものの、
それでもだいぶ歩きました。

地下鉄の乗り換えも遠い

JRから地下鉄への乗り換えも大変でした。
大阪梅田で地下鉄に乗り換えると迷いそうだったので
新大阪で乗り換えたのですが、結構遠かったです。

もっとスムーズに行けると思っていたので、
歩いていて途中で気を失いそうになりました。

ちなみにJRも地下鉄も普通に混んでいて、
税理士試験が行われるせいで混み合っている感じではありませんでした。

会場が広すぎる

時間がかかったもう一つの原因は、会場が広すぎることです。
インテックス大阪だけでも6号館までありますし、
正しい会場に着いてからも自席を見つけるまでかなり時間がかかります。

通常の資格試験なら大学の大教室でもせいぜい100人~200人程度だと思いますが、
インテックス大阪は見渡す範囲に1,000人ぐらいはいたのではないかと思います。

用紙が行きわたらず、9:00開始予定の試験が9:04開始になりました。
もちろん終了時刻も4分延長になりましたが、
「そんなことしていいの?」と思ってしまいました。

冷房が効きすぎて寒い

税理士試験は8月の暑い時期に行われます。
広い会場は何かと冷房が効かないものですが、
わたしが受けたときは逆に冷房が効きすぎていました。

終了後、隣の席の方に
「寒かったですね」
と話しかけてしまったぐらいです。

隣の席はわたしと同じぐらいの年代と思われる女性でした。
「寒くてトイレ行きたくなっちゃいました~」
と言っていたので、特に女性は寒さ対策をして行ったほうがいいかもしれません。

感じ方は人それぞれ?

あくまでわたしの主観的な話なので
インテックスの近所に住んでいる方や暑がりの方にとっては
最高の会場だったかもしれません。

合格していたから良かったものの
不合格だったら
「なんのために行ったんだろう」
と思ってしまいそうです。

逆境が追い風に?

しかしながら無意識のうちに
「ここまで来たのだから絶対に合格してやろう」
というモチベーションになっていたのかもしれません。

でももしまた受けることがあったら
インテックス大阪は避けて名古屋で受けたいと思います。
名古屋は名古屋で過酷だったらまたネタにします。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます→運営ブログ一覧とプロフィール
資格取得が好きな主婦です。日商簿記1級、税理士試験簿記論、漢字検定準1級、FP2級、英語検定2級、宅建などに合格しています。よろしければこちらからほかの記事もご覧ください。
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *