資格予備校大手TACとLECの市販書籍を独断と偏見で比較

資格予備校といえばTACとLECの2校を
思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

わたしの場合、講座を受けたことはないものの、
TACやLECから出版されている市販書籍に大変お世話になっています。

独学のためには市販書籍選びが非常に重要です。
TACとLEC両校の市販書籍について、思うところをまとめました。

資格の学校TAC

全国に直営校22校、提携校14校を構える資格の学校TAC。
何年か前にWセミナーをブランド化したため、ロゴにくっついています。

もともとTACは会計系に強いイメージがあります。
そこへ法律系のWセミナーを合併したので
オールラウンドに強い資格予備校になりました。

日商簿記1級はTACのおかげ

わたしの場合、日商簿記1級はTAC出版の市販書籍のおかげで
独学合格したと言っても過言ではありません。
スッキリわかるシリーズはわかりやすくて助かりました。

商業簿記4冊、工業簿記4冊の計8冊です。
スッキリわかるシリーズで勉強した後で過去問をひたすらやれば
日商簿記1級合格に必要な知識は十分身につくでしょう。

税理士試験(簿記論)もTACで独学

税理士試験(簿記論)の過去問もTAC出版のものを使いました。

TACの会計系書籍はとても見やすいです。
たぶんフォントにもこだわっているのでしょう。
解説もスマートでわかりやすく、おすすめです。

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは全国に40校、提携校を18校構えています。
名前に「リーガル」と入っているとおり、
法律系に力を入れている資格予備校です。

もちろん会計系の資格の講座もあります。
ただし日商簿記1級や税理士に関しては市販書籍がありません。

法律系資格には要点集がマスト

法律系資格に関してはさまざまな書籍を市販しています。
たとえば宅建のような法律系資格はとにかく範囲が広いです。
エッセンスだけをまとめた要点集を用意して
空き時間に眺めることで記憶の定着をはかることが有用です。

「どこでも宅建 とらの巻」はおすすめです。
この1冊だけでも完璧にしておけば合格に近づくことでしょう。

ほかにも行政書士、社労士、中小企業診断士など
独学の助けになりそうな書籍が豊富にそろっています。

公務員試験にもおすすめ

公務員試験の書籍も販売しています。
特に「過去問新クイックマスター」は
1ページに1問、めくって次のページに解説という形式で非常に使いやすく、
繰り返しやることで合格ラインを目指すことができます。

ワニの表紙の畑中敦子シリーズも有名です。
公務員試験に必須の判断推理や数的推理について
畑中敦子シリーズで苦手を克服した人も多いのだとか。

オンラインショップでお得に購入

LECオンラインショップ(E学習センター)から購入すると
商品によっては最大10%の割引があります。
ぜひチェックしてみてください。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

シカクメモ管理人☆シカクメモトップページへ☆
資格取得が好きな主婦です。日商簿記1級、税理士試験簿記論、漢字検定準1級、FP2級、英語検定2級、宅建などに合格しています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!