資格試験の願書受付バイトの体験談

アルバイトで資格試験願書の受付業務をしたことがあります。
記事では仮にA検定と表記します。

ずっと試験を受ける側だったわたしですが、
アルバイトをしたことで試験運営の裏側が見えて面白かったです。

わたしがアルバイトをする前に抱いていた疑問について
こっそり回答します。

願書は簡易書留じゃなきゃダメ?

願書を簡易書留で送るようにと指定している試験は多いですね。
簡易書留の場合は追跡機能が付いているので、
郵便が途中でなくなってしまう事故を防ぐことができます。

「郵便事故に遭う可能性を承知の上で普通郵便で出したいけれど、
ちゃんと受け取ってくれるのだろうか」
と疑問に思っている人もいるでしょう。
簡易書留だと普通郵便+310円かかりますからね。

A検定ではどちらの願書も同じように受け付けていました。
簡易書留は受領印が必要なので別ルートで届きますが、
普通郵便で届いた願書も一緒にまとめられます。

最終的には封筒と願書は別々に仕分けされるので、
普通郵便だからといって不利に扱われるようなことはありません。

ただし普通郵便だと万が一の補償はありません。
普通郵便で出すのならリスクを承知の上、自己責任でお願いします。

書き間違いがあったらどうなる?

記入漏れがあっても電話で問い合わせするので大丈夫です。
電話番号を書いていない場合は手紙で問い合わせていました。

必要事項が抜けていても大丈夫?

もっとも、電話番号はそれほど重要ではありません。
電話番号だけ抜けている場合はスルーです。
受検級や受検地が抜けている場合は問い合わせです。

問い合わせは何度か行いますので、
きちんと答えれば試験自体は受検することができます。

必要書類を入れ忘れた!

領収書などの必要書類が入っていないという場合も
問い合わせて追加で送ってもらいます。

書類が入っていないからといって
いきなり失格になることはないでしょう。

締め切りは厳守?

A検定に限って言えば2~3日は猶予があって、
遅れてきた願書も受け付けていました。
国家資格等だと厳しいのかもしれません。

ぎりぎりに出す方が悪いので
失格にしても良いのではないかと思ってしまいますが、
締切後も結構たくさん届くんです。

締め切りから数日たって、
間に合わなかった願書については送り返していました。

写真はスナップ写真でもいい?

願書に貼る写真をわざわざ撮るのは面倒ですし、
お金ももったいないですよね。
スピード写真でも700円ぐらいかかります。

A検定の応募要項には写真の大きさしか書いてありません。
スナップ写真の切り抜きもOKでした。

「本人の顔がわかればOK」という基準だったので、
カラーコピーでも受け付けていました。

しかしA検定は緩い試験だったので
国家試験等ではきちんと撮った写真が必要だと思われます。

とにかく願書を出すことが大事

実際に願書を受付する側の立場になってみると、
結構いい加減だなぁと思ったものです。

あくまでわたしがバイトしていた時期の
A検定に限ったことですので、鵜呑みにしないでください。

ただ、願書を書くことに神経質になりすぎて
勉強が手に着かなくなったらいけないので
気楽に書いていただけたらいいと思います。

とにかく願書を出さないことには始まりませんから、
出し忘れのないように気を付けてくださいね。

資格試験の願書受付バイトはリクナビ派遣で募集していることがあります。
ぜひチェックしてみてください。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

シカクメモ管理人☆シカクメモトップページへ☆
資格取得が好きな主婦です。日商簿記1級、税理士試験簿記論、漢字検定準1級、FP2級、英語検定2級、宅建などに合格しています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!